第23回参議院選挙にあたっての公開質問状に対する各政党からの回答

公明党 / 社会民主党 / 自由民主党 / 生活の党 / 日本共産党 / みどりの風 / 民主党


みどりの風の回答

■質問1 第23回参議院選挙での女性議員の目標値について

(1)女性候補者を増やすためのポジティブアクションを講じておられますか。具体的な内容をご記入ください。

元々、女性の参議院議員4名から始まった政党です。様々な女性団体等と連携しなが女性候補者の発掘に努めています。

(2)女性候補者の目標値は何%でしょうか。(男性候補者数 名/女性候補者数 名)

現在 男性候補者数 2名、女性候補者数 3名と女性のほうが多いです。具体的な目標値は決めていませんが、半数は女性とします。

(3)女性候補者の活動を支援する具体策を講じておられますか。

人数が少ない政党ですので、党として男女分け隔てなく取り組んでいます。

■質問2 第三次男女共同参画基本計画にもりこまれた諸条項の中で、貴党として重点をおく3項目を挙げ、その理由も記入してください。(2020年めどに30%に到達する計画も含めてご記入ください)

(1)第5分野 男女の齟齬とと生産の調和
男女共同参画社会を目指して行く上で、性別にかかわらず、長時間労働をなくすなど働き方を根本的に見直していく必要があると考えます。
加えて、男性も育児や家事に積極的に参加できる環境整備が不可欠だと考えるから。

(2)第7分野 貧困など生活上の困難に直面する男女への支援現在の我が国の最大の課題は、格差が拡大し、固定化していっていることで、この格差を解消することが今の政治の大きな役割だと考えるから。

(3)第1分野 政策・方針決定過程への女性の参画の拡大どの項目も、政党や政治が決断すれば、予算をかけずに実現ができるので。

■質問3 女性の政治参画を高める上でどんな選挙制度が望ましいとお考えでしょうか。

各党が候補者擁立に当たって、女性の割合を一定数に決めるなどの縛りを設ける必要はあるとしても、選挙制度だけによって女性の政治参画が進むとは考えておりません。