国内活動

はじめに

国連は1975年を国際婦人年と定め、メキシコにおいてエポックメーキングな国際婦人年世界会議を開催した。本年は、その30周年にあたる記念すべき年である。世界女性会議は、その後1980年コペンハーゲン、1985年ナイロビ、そして1995年には、大規模なNGOフォーラムへの参加者を含む約4万7千人の世界の女性が参加した、北京女性会議が開催された。まさに世界女性がエンパワーされる機会となったのである。本来なら今年は北京から10年ということで大きな世界女性会議が開かれてしかるべき年であったが、種々の事情から開催できず、「北京+10」と銘打って毎年開かれる通常の国連婦人の地位委員会を拡大した会合がニューヨークの国連本部において開催されたのである。これは、閣僚クラスの政府代表も含むハイレベル会合であって、80名以上の閣僚クラスの政府代表を始め、NGO関係者も合わせて計6千名が参加した。これについては基調報告国際活動で詳細が述べられる。

わが国においても、1975年以降、女性たちの活動は画期的に進捗してきたと思う。しかし、30年前、20年前、さらには10年前の女性たちの熱気が、この5年間にも継続していたであろうか。また、日本社会は、女性の真の「平等・開発・平和」をめざして進んでいるであろうか。残念ながら、ジェンダー平等に関しては楽観視できない状況が日々強くなりつつあるように思われる。基調報告において、まず、この30年間の歩みを振り返った上で、私どもが国際婦人年連絡会の目的とする男女平等参画社会の形成に向かって、この5年間どのように歩んできたかを述べたい。

1. 国際婦人年連絡会結成時から現在までの活動を振り返って

2. 国際婦人年連絡会の各委員会の働き

3. 今後の活動を進めるに当たって留意すべきこと