2019年度 第1回セミナー ご報告

遠藤智子さんは長年女性への暴力根絶の活動に関わり、東日本震災時に政府の公募で設立された、一般社団法人・社会的包摂サポートセンターの事務局長を務めています。同センターの電話相談「よりそいホットライン」に全国から寄せられる性暴力被害の実態と刑法の再改正に向けた考えを語られました。
(さらに…)

2019年度 第3回セミナーのお知らせ

学んで活かそう!国連女性差別撤廃条約と選択議定書OPCEDAW ってなあに?

講師 矢澤澄子さん
(元東京女子大学教授、
CEDAW実現アクション
世話人、国際女性の地位協会総括理事)

今年は、国連で女性差別撤廃条約(CEDAW)が採択されて40年、同選択議定書(OP)が採択されてから20年の節目の年です。日本は1985年に条約を批准し、少しずつ法改正も行ってきましたが、選択的夫婦別姓など重大な課題も残っています。また、条約を強化する付属の選択議定書は、既に112ヵ国が批准しているにもかかわらず、日本は批准していません。
この節目の年に、選択議定書の早期批准に向け、新たな共同行動が始まりました(2019年3月、女性差別撤廃条約実現アクション)。セミナーでは、国内外の事例から、身近な課題を学び、何ができるか、ご一緒に考えていきます。

日時 20191128日(木)午後210分~4
会場 婦選会館2階会議室(参加費500円)

2019国際婦人年第3回セミナー「学んで活かそう!国連女性差別撤廃条約と選択議定書」

2019年度 第1回セミナーのお知らせ

テーマ:
性犯罪に関する刑法の再改正に向けて 〜被害実態から考える〜

講師:遠藤 智子 さん
(一社)社会的包摂サポートセンター 事務局長
1980年代より、八王子市役所職員として働く傍ら、組合活動、フェミニストカウンセリング、DV 被害者支援など「女性に対する暴力の根絶」の活動に関わる。2003年より全国女性シェルターネット事務局長として、DV 法改正に取り組む。2011年より現職。

  • 日時:2019年7月18日(木)14:10〜16:00(13:50より受け付け)
  • 会場:婦選会館 2階会議室(参加費 500円)

2017 年に性犯罪に関する刑法が 110 年ぶりに改正されました。人間の尊厳を踏みにじり「魂の殺人」とも呼ばれる性犯罪について、厳罰化などの見直しが行われたことは一歩前進でした。しかし、検討会で議論されながら改正が実現しなかった課題もあり、付則で、必要があれば 3 年後に見直しを行うこととされました。娘に性暴力を犯していた父親が裁判で無罪になるなど、重大な人権侵害が続いています。長年、被害者の支援活動を続けている遠藤智子さんからお話しを聞き、どうしたら、性犯罪を生み出さない社会をつくれるのか、考えていきたいと思います。
ぜひ、お知り合いの方にも呼び掛けて、ごいっしょにご参加ください。


(さらに…)