日本婦人団体連合会(婦団連)

英語表記: “Japan Federation of Women’s Organizations (FUDANREN) J”

ホームページ: http://fudanren.biz/

会長 柴田真佐子

151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-9-303
電話 03-3401-6147
FAX 03-5474-5585

日本婦人団体連合会(婦団連)は、朝鮮戦争のさなかの1953年4月5日、平和を願う全国の女性が力をあわせることを目標に結成されました。以来、平和と民主主義・男女平等、子どもの幸せを願い、女性の切実な要求実現のための共同行動をすすめてきました。

いま、核も軍事同盟もない平和な世界、女性も男性も人間らしく生きられる平等な社会の実現、原発ゼロの社会実現をめざして、女性の連帯した行動が強く求められています。婦団連は加盟団体と力を合わせて広範な女性によびかけ、友情と連帯・共同の輪をいっそう大きく広げるよう活動しています。

平和とジェンダー平等、女性の要求実現を求めて

日本婦人団体連合会1-11.10.3_09
欧州議会で原爆写真展(2008)

日本婦人団体連合会1-11.10.3_06
国際女性デーパレード(2009)

日本婦人団体連合会1-11.10.3_03
CEDAW傍聴(2009.8)


1. 婦団連の構成と主な活動

婦団連は女性団体、労働組合・市民団体の女性部など20団体で構成され、構成員は約90万人です。1953年に結成され、平和と民主主義・男女平等と女性の地位向上、子どもの幸せ、生活向上など、女性の切実な要求実現のための共同行動をすすめています。

初代会長 平塚らいてう
「元始女性は太陽であった 真正の人であった」(『青鞜』創刊の辞より)

2. 国際連帯活動

婦団連は、平和、平等、社会進歩、民族自決、人権、民主主義をめざしてたたかう世界の女性たちとの国際連帯活動に取り組んできました。国連NGOである国際民主婦人連盟(略称 国際民婦連・WIDF 1945年結成、会長はマルシア・カンポス、本部ブラジル)に加盟し、執行委員をつとめています。75年国際婦人年以降の国際的なとりくみ、世界女性行進にも参加しています。

3. 平和の課題

日本には日米軍事同盟の下で全国に100以上の米軍基地があります。婦団連と加盟団体は、戦争を放棄した憲法9条を守り生かすこと、米軍基地撤去、日米軍事同盟解消を求めて活動しています。

核兵器のない世界めざして

婦団連は、核兵器全面禁止をめざす国際署名運動など、核兵器も戦争もない公正な世界を願う世界の女性との連帯行動を展開し、08年6月には国際民婦連と共に欧州議会本部で原爆写真展を開催しました。2010年5月にニューヨークで行われたNPT再検討会議に向けてのNGO行動にも参加しました。毎年広島と長崎で開催される原水爆禁止世界大会および核兵器なくそう女性のつどいに、国際民婦連を代表して参加しています。

4. ジェンダー平等のための活動

日本は女性差別撤廃条約を批准していますが、様々な差別が残されています。婦団連は、女性へのあらゆる差別のないジェンダー平等の実現を求めて活動しています。2009年女性差別撤廃委員会(CEDAW)第6次日本報告審議にあたってはNGOレポートの提出、審議傍聴等の活動を行いました。CEDAW「総括所見」の勧告実現を求めて活動しています。

婦団連は、多くの個人・団体の協力を得て、毎年国会に3つの請願署名を提出しています。

  • 女性差別撤廃条約選択議定書の批准を求める請願書
  • 民法の差別的規定の廃止・民法改正を求める請願書
  • 「戦時慰安婦」問題の最終解決を求める請願書

5. くらし、社会保障、労働の課題

日本婦人団体連合会2-11.10.3_03
東日本大震災、女性の視点での
支援を求めて内閣府要請

婦団連と加盟団体は、賃金格差などの男女差別撤廃、労働形態にかかわらず男女とも仕事と家庭生活を両立させて人間らしく働けるルールの確立、労働時間の短縮、社会保障と教育の公的拡充などを求めて活動しています。

2011年3月11日の東日本大震災、福島原発事故、戦後最悪、未曾有の事態に対し、日本国憲法にもとづく復旧・復興、原発事故の収束、原発ゼロの社会めざして活動しています。今こそ、女性の視点を貫いた被災者支援が必要です。


日本婦人団体連合会(婦団連)加盟団体

新日本婦人の会 全国労働組合総連合女性部
全国商工団体連合会婦人部協議会 農民運動全国連合会女性部
婦人民主クラブ 全日本教職員組合女性部
全国保険医団体連合会女性部 全日本建設交運一般労働組合女性部
自由法曹団女性部 日本自治体労働組合連合婦人部
日本国家公務員労働組合連合会女性協議会 治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟女性部
など20団体

婦団連の出版物

日本婦人団体連合会2-11.10.3_07『婦人通信』
日本婦人団体連合会の機関誌として、また、リアルタイムの世界の女性の動き、日本女性の多様な願いを誌面で取り上げています。年11回発行。

日本婦人団体連合会2-11.10.3_11『女性白書』
年刊 編集・婦団連 発行・ほるぷ出版

『女性手帳』
年刊 日本国憲法、女性差別撤廃条約、女性国会議員一覧など掲載。

日本婦人団体連合会2-11.10.3_14日本婦人団体連合会2-11.10.3_17その他

  • 『婦団連のあゆみ』平和・平等めざす共同と国際連帯の歴史
  • CEDAW傍聴報告集など適宜発行。

2011年10月中旬 CEDAWフォローアップ資料集発行