国際婦人年連絡会

ただいま当ホームページは障害が発生しております。
現在復旧作業を行っておりますが、作業が完了するまでの間、ご不便をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。

国連が提唱した1975年の国際婦人年の目標「平等・開発・平和」の実現に向け、日本の女性団体が思想・信条や活動分野の違いをこえて結集し、1975年11月に「国際婦人年日本大会」を開きました。

この大会で採択された決議の実現のために引き続き連帯して行動しようと、同年12月に「国際婦人年日本大会の決議を実現するための連絡会」(委員長市川房枝・現在の国際婦人年連絡会)」を結成しました。参加団体の会員数を合計すると、現在2000万人を擁する組織です。

以来、国連の世界女性会議に呼応して1975年の国際婦人年、1980年の国連婦人の10年中間年、1985年の国連婦人の10年最終年に日本大会を開催、活動の評価・点検をおこない、課題を明らかにして運動を発展させてきました。